総長あいさつ

Global Cultural Cooperation Centered University

  • 金剛大学
    欧米先進国の寄宿型大学(RC)を
    ベンチマーキングして建学された、
    韓国初の人文社会科学中心
    学部大学(LAC)
    です。

    選択と集中戦略により、仏教人文学部と公共政策学部で礼儀正しく真面目な
    能力のある少数精鋭の人材を養成します。 自益だけを追求する偏狭な
    知識人ではなく、我々の社会が必要とする慈悲と知恵を兼ね備えた
    創造的人材を育てます。

    また、学生数対比では最も多数の海外留学生を輩出するなど、
    21世紀のグローバル人工知能(AI)時代を導いていく融合型人材を養成します。
    その他にも金剛大学は、地域社会発展のために生涯学習と産学協同も
    積極的に参加し、推進しています。

    大韓仏教天台宗の重唱理念と全面的な支援を土台とする宗立大学として、
    仏教人文学部は韓・中・日共同研究および学術大会主管し、
    またアメリカのハーバード大学との共同研究実行等を通して、
    東アジアから北米に至るまでグローバルネットワークを拡張し続けています。

    公共政策学部は5~9級公職で公企業、社会福祉、企業進出に至るまで
    学生数対比では最も多い人材を輩出しています。

    2002年の開校以来、2019年には大学機関評価で全部門認証を獲得、
    グローバル養成大学としての地位を固めました。
    これからもわが金剛大学は、東アジア最高の教育の質(QOE)を基盤とする
    更張の時代をひらいていきます。

    皆さんの参加と声援に心より感謝申し上げます。

    金剛大学総長 鄭 用 徳
TOP